家族葬の準備について

家族葬の範囲とは

家族葬の範囲とは 最近は、家族、近親者のみで行なう家族葬が人気です。しかし、家族葬を行う場合にはどの範囲まで葬儀に列席してもらうかが問題になって来るはずです。列席者の範囲については、家族だけで行うことが一般的ですが、場合によっては個人と親しかった方にも列席してもらうこともありえます。更には家族と言ってもどの範囲まで家族に列席してもらうかも考えておくことが必要になります。一人で決めることができるものではありませんので、実際に葬儀を行う前に話し合っておくことが必要です。一方で、香典や花輪の用意をどのようにするかについてもあらかじめ決めておくことが必要です。

葬式を行う事に対しては親類に理解を求めておくことが必要です。中には家族だけの葬式ではなくて一般的な葬儀をと考えている親族の方もいるはずです。そのため、それを行うことに対して、家族間でしっかりとした意思確認をしておくことがおすすめです。列席者についてもそのような意思を伝えて連絡をするようにしなくてはなりません。家族の葬式を行うにあたってトラブルが起きてしまうことは避けるべきなので、その点はあらかじめ留意しておくことが肝要です。

列席をお願いする文章を用意しなくてはなりませんが、その場合も家族葬のスタイルで葬儀を行うことを明記しておくようにすると良いでしょう。家族葬の場合には列席者を限定することが必要になるので、列席を御断りするタイプの文章も同時に用意しなくてはなりません。香典やお花などを辞退する場合にはそれも文章に併記しておくようにするといいでしょう。

葬儀を行う場合には、家族葬であっても葬儀社に葬儀のサポートをお願いすることになりますが、最近では家族葬のパックを提供してくれている葬儀社もあるので、そのような葬儀社を探してみるといいでしょう。ネットなどを使って簡単に探し出すことができるはずです。家族葬のパックは基本的にはお手頃価格であるものですが、自分たちの予算との兼ね合いもあるので、しっかりとした打ち合わせが必要です。追加料金発生の可能性についてもあらかじめ葬儀社の方に確認しておくようにすることもおすすめです。

葬儀社は葬儀のプロですから、葬儀の費用について不明の点がある場合には、何でも相談してアドバイスをもらうようにすると良いでしょう。実際に葬儀後に必要になってくる費用には様々なものがあるので、トータルでどのくらいの費用が必要となるのかを確認しておくと安心です。

最新記事